科学

311ひともじえほん

小学校入学を控え、文字を読んだり書いたりする事に興味が出てきた年長さんに特におすすめしたい一冊です。もちろん年長さんでなくても楽しめるユニークな作品ですのでご安心を!! “ひともじ”と聞くと私のクラスの子どもたちは1つの・・・

続きを読む

309あーといってよあー

  普段から何気なく使っている声。そして言葉。この絵本はそのなかでも、日本人に一番馴染みのある音の〝あ〝。その音がさまざまな感情を表現して言葉になり、いろんな〝あー〝楽しむことができます。 この絵本を年中組の子・・・

続きを読む

194  『 マグナス・マクシマス、なんでもはかります 』

ピュタゴラスの「万物は数なり」という有名な言葉がありますが、この絵本の主人公、マグナス・マクシマスは、この言葉をまさに実践するかのように、空に浮かぶ雲や顔のそばかすの数をはじめ、サーカスを抜け出したライオンのしっぽやヒゲ・・・

続きを読む

187  『 どろだんご 』

新年度も始まり、どの園の園庭にも子ども達の明るい声が響き渡っているのではないでしょうか。「どろだんご つくろ すいかみたいに でっかいの つくろ…」とリズム良く始まるこの絵本。さて、あなたはどろだんごを創った事があります・・・

続きを読む

150  『 てとてとてとて 』

朝、出勤する道で、ハザードランプを点滅させながら停留所に止まっているバスを見かけるようになりました。 最初は故障でもしてしまったのかと思っていましたが、じきに車椅子に乗っている人が乗り終わるのを待っているということがわか・・・

続きを読む

141  『 あれこれたまご 』

赤に塗られたバックの上に愛嬌のある表情で今にも話しかけてくるようなたまごの表紙が気になり、思わず開いてみました。すると見開きには鶏が一羽、たまごとナイフとフォークをジーッと見ています。 「この本、料理の本かな?」・・・と・・・

続きを読む

97  『 わたし 』

真っ白な背景の中には、おかっぱ頭の女の子がひとり、その上にはオレンジ色で「わたし」と題名が書かれているだけのシンプルな表紙の本ですが、でも裏をみるとピンクとオレンジ色のストライプの中に、大きなひとの影が浮かび上がっていま・・・

続きを読む

88  『 ふしぎなナイフ 』

一本の洋食ナイフがページをめくる毎に色々と形を変えていきます。それも現実では決してありえない形に。 子どもたちは、次にこのナイフがどんな形になってしまうのか、どんな事になってしまうのか。わくわく、どきどきしているようです・・・

続きを読む

54  『 からだのみなさん 』

みただけで、くすっと笑ってしまうような絵本ってありませんか?子どもたちに読んだらゲラゲラ笑って、読んでいるこちらは、子ども達のそんな様子にわけがわからなくて、「なんだ?何が起きたんだ?」って思いながらも、子ども達のそのゲ・・・

続きを読む