食べ物

245 てんじつきさわるえほん『ぐりとぐら』

  今回取り上げた作品は、『ぐりとぐら』の刊行50年を記念し、2013年に点字つき絵本として出版されたものです。絵と文を一緒に感じてもらえる点字絵本はそれまでなかったため、出版にあっては、樹脂がつぶれないプレス・・・

続きを読む

237 『ぶたにく』

「今夜かもしれない。満月の日の夜に生まれることが多いって聞いた。こやの中からかすかな寝息が聞こえる……」 「妊娠して子豚が生まれるまで114日間かかる。今日がその出産予定日だ。乳首をぎゅっとつまむだけで、乳が飛び出した」・・・

続きを読む

236 りんごかもしれない

これは りんごじゃないのかもしれない   どの家庭にも有り得そうな状況から、「誰もが思うりんご」が「りんごじゃないのかもしれない」という冒頭には、「え!?ちょっと待って。」「なに!どういうこと?」と、思わずにい・・・

続きを読む

234『どんどこどん』

土の中でどんどこどんどこ野菜が成長していきます。青々とした葉っぱのページをめくると、インパクトのある根菜がどーんと出てきます。にんじん、じゃがいも、さつまいも、さといも、ごぼう、最後にとびっきり大きなだいこん!どの根菜も・・・

続きを読む

232 『バナナじけん』

バナナがひとつ落ちたところから、この『バナナじけん』は始まります。 さるは、バナナを食べて皮を捨てる。 次に来たうさぎは、その皮を踏んで滑る。 ここまでは、昔ながらのお約束の出来事ですよね。 では、しばらくして来たワニは・・・

続きを読む

230『じごくのラーメンや』

表紙には、真っ赤な暖簾に書かれた「じごくのラーメンや」 中央にまん丸顔の閻魔様。 その手には真っ赤にトウガラシが効いた血の池ラーメンが読者に差し出されています。 絵本カバーの見返しに次のような紹介文。 地獄に ラーメン屋・・・

続きを読む

229 『トマトさん』

「あるなつのひるさがり。まっかにうれたトマトさんがトマトのきからどった、とおちた。」 お話はここから始まります。太陽がぎらりと照って暑くてたまらない夏の日。 トマトさんがおがわに耳をすましてみると「ころころ ぽっちゃん」・・・

続きを読む

228『いちご』

5月に入りやっと暖かくなったかと思ったら夏のように暑い日も出てきましたね。 寒かった冬を絶えて育った今が美味しく食べられる果物はなんでしょう…いちごです!! 今回、紹介する絵本は見ているだけで思わず絵本に手を伸ばして食べ・・・

続きを読む

212『おべんとう』

我が園では月に1回手作りお弁当の日があります。子どもたちはその日を本当に楽しみにしていて、いつもより重いかばんを嬉しそうに背負ってにこにこ顔で登園してきます。 「ぼくのお弁当はからあげなんだ!」「デザートはいちごなの」と・・・

続きを読む

203  『とっておきのカレー』

みなさんも、そしてお子さんの中にも「カレーが好き!」という方は多いのではないでしょうか。各家庭の味があったり、キャンプで友だちみんなと作ったり、カレーにまつわる思い出もまた数多くあるかもしれません。 そんなカレーを、お家・・・

続きを読む