成長

16しょうぼうじどうしゃじぷた

乳児が初めて発する言葉には、「まんま、わんわん、ぶーぶー」など、身近な物を指していることがあります。おそらく、大人にとっては見慣れたものでも、子どもにとっては新鮮な驚きを持って、心を躍らせて見ることができる対象だからだと・・・

続きを読む

14『まよなかのだいどころ』

『かいじゅうたちのいるところ』が世界中で大絶賛を得たことに反して、同じセンダック3部作の2冊目にあたるこの『まよなかのだいどころ』には、ちょっと手厳しい批評が聞かれます。日本の著名な評論家の中にも、「センダックは、この作・・・

続きを読む

13こんとあき

林 明子は、『はじめてのおつかい』をはじめとして、女の子の成長していく姿を優しく見守るように描いています。そして、どの作品も、子どもたちの輝くような表情と、本当に動きだしそうな姿に満ちていて、読む人を暖かな気持ちにさせて・・・

続きを読む

3.トリゴラス(今月のおまけ)

長谷川集平は、1976年、美術学校在学中、すばる書房主催の「創作えほん新人賞」において『はせがわくんきらいや』で鮮烈にデビューし、一躍脚光をあびることとなるのですが、『トリゴラス』は、その長谷川集平の3作目にあたります。・・・

続きを読む

1.かいじゅうたちのいるところ

モーリス・センダックは、現代の最も有名な絵本作家の一人です。何をもって一番とするのかはわかりませんが、評論家によっては20世紀における最もすぐれた絵本作家であるという人もいるくらいです。そしておそらくその最大の根拠は、こ・・・

続きを読む