成長

310とのさま1ねんせい

とのさまは、あそぶの、だいすき。おべんきょうは、だいきらい! 「いやじゃ、いやじゃ。1ねんせいになんて、なりたくないのじゃ!」 寒い冬が終わると、桜が咲き始め、新しいことが始まる春ですね。 年長の子は“小学校に行く”とい・・・

続きを読む

304ヒッコリーのきのみ

おとうさんと やくそくしたことある? おかあさんと やくそくしたことある? りすの バビーは、ヒッコリーの きと どんなやくそくをするのかな。 表紙をめくると、このような書き出しで物語が始まります。 りすのバビーは冬に食・・・

続きを読む

297そりゃあもういいひだったよ

幼稚園での降園時に、「今日は、いい日だったなー」と年長組の子どもたちが嬉しそうに笑顔で話をしている日があり、「何で?」と聞いてみると「外で○○くんといっぱい遊べたから!」「みんなで作ったお菓子がおいしかったから!」と答え・・・

続きを読む

295チェロの木

スウェーデンでは中学から哲学の授業があり、その授業では「誰もいない深い森の中で1本の巨木が倒れた。その音は誰かの耳に届くのか」といった問いが出されている。こんな話を10年以上前に運転中のラジオで聞きました。それ以来、私だ・・・

続きを読む

294いいからいいから

あるひのゆうがた、かみなりがゴロゴロなった。ぴかっとひかって、ドーンといった。 きがつくと、めのまえにかみなりのおやこがすわってた。 おじいちゃんがいった。 「いいから、いいから。せっかくきてくださったんじゃ。ゆっくりし・・・

続きを読む

291ドングリ・ドングラ

木々の葉が赤や黄、オレンジへと姿を変え始め、季節はすっかり秋ですね。幼稚園の子どもたちは、落ち葉やドングリをたくさん集め、箱に入れたり袋に入れたりと、大事に大事にしています。先日、クラスで公園に散歩に行ったとき、いつもは・・・

続きを読む

289パパとママのつかいかた

モーリス・センダックは、現代の最も有名な絵本作家の一人です。何をもって一番とするのかはわかりませんが、評論家によっては20世紀における最もすぐれた絵本作家であるという人もいるくらいです。そしておそらくその最大の根拠は、こ・・・

続きを読む

288 まねしんぼう

一人っこ、2人兄弟、3人兄弟、双子…色々なきょうだいがありますよね。この絵本を読んだとき、クラスにいる女の子とそのお兄ちゃんのことが思い浮かびました。 そのきょうだいの妹は年少組に4月から入園、お兄ちゃんは年長組に進級。・・・

続きを読む

287 かさもって おむかえ

モーリス・センダックは、現代の最も有名な絵本作家の一人です。何をもって一番とするのかはわかりませんが、評論家によっては20世紀における最もすぐれた絵本作家であるという人もいるくらいです。そしておそらくその最大の根拠は、こ・・・

続きを読む

285 ルッキオとフリフリ 大きなスイカ

猫のルッキオとフリフリ。二匹の夢は、大きなお屋敷に「就職」して、暖炉の前にベッドをもらい、銀のお皿で真っ赤なマグロのお刺身をいただくこと。ところが、二匹の生活はそんな夢とは程遠いものでした。綿のはみ出た汚いソファーで、食・・・

続きを読む