動物

223 『へびのクリクター』

2013年は干支でいうなら“巳年”です。「巳」という字は胎児を表した象形文字でへびが冬眠から目覚め地上にはい出す姿を現しているとも言われ「起こる、始まる、定まる」等の意味があります。「巳」を動物に当てはめると「蛇」になり・・・

続きを読む

214『ねぇ、どれが いい?』

もしもだよ、きみんちの まわりが かわるとしたら、 こうずいと、おおゆきと、ジャングルと ねえ、どれが いい?   もしさ、ぞうに おふろの おゆを のまれちゃう、 わしに ごはんを たべられちゃう、 ぶたに ・・・

続きを読む

213『ねこのミルとねずみのチムニ-』

本屋さんの絵本コーナーを見るのが大好きな私はこの絵本を手に取り、友達のいる嬉しさ・友達へのいたわりの気持ち・発想の豊かさを感じるとともに水彩画の繊細で優しいイラストからほっこりとした温かな気持ちになりました。そしてこども・・・

続きを読む

207 『わにわにのおふろ』

ちなみに今回紹介する絵本の主人公“わにわに”は最初の“わ”にアクセントが置かれています。犬や猫を“わんわん”とか“にゃあにゃあ”と呼ぶのと同じ感覚なんですね。 先日、日本に長く住んでいる外国人に、日本語の好きなところをイ・・・

続きを読む

206『ライオンのながいいちにち』

アフリカ・ケニアでサファリガイドの仕事をし、動物写真をホームページで紹介しているナチュラリストの方に子どもたち向けに話をしてもらったり、揃ってよこはま動物園ズーラシアや野毛山動物園に出かけて、間近に動物を見る機会がよくあ・・・

続きを読む

205 『月夜のみみずく』

日本野鳥の会は、野鳥保護など本来の活動の一環として「探鳥会」というものを行なっています。探鳥会は、会員以外にも開かれていて、地域や季節に応じ、さまざまな鳥(他の小動物などを含む場合もあります)が対象となっていますが、フク・・・

続きを読む

204  『ぼく、だんごむし』

幼稚園では朝の登園時に、子ども達からのお土産がたくさんあります。 お花を摘んだり・綺麗な落ち葉を拾って見せてくれたりと朝から賑やかです。だんごむしもその中のひとつ。「先生!!だんごむし見つけたよ!!」と逃げ出さないように・・・

続きを読む

200  『 どうぶつサーカスはじまるよ 』

子どもたちは、西村敏雄さんの絵本が大好きです。読んで読んでのリクエストも多いし、本棚から取り出し、手にする姿も多々目にします。ユーモラスな画風とストーリーは、子どもたちの心をしっかりつかんで、西村ワールドに引き込んでくれ・・・

続きを読む

199  『 ぼちぼちいこか 』

突然ですが“カバ”を見たことがありますよね。体は丸みを帯び、脚は短くずんぐりとしていて、頭は大きく、顔の側面上方に眼・鼻耳が一直線に並んで突き出ているのが特徴です。体の乾くのを抑えるために日中は主に水中から眼・鼻・耳のみ・・・

続きを読む

196  『 しろいうさぎとくろいうさぎ 』

森に住んでいる2匹の小さな白いうさぎと黒いうさぎが1日中楽しく遊んでいます。馬跳びをしても、かくれんぼをしても、かけっこをしても、ひなぎく跳びをしてたんぽぽを食べても、そのたびに黒いうさぎはとても悲しそうな顔をします。白・・・

続きを読む