動物

47  『 だれのじてんしゃ 』

お天気の良い休みの日、自転車に乗ってお出かけするのはとても気持ちがいいですよね。幼稚園の子ども達も、ころんで、膝をすりむいたりしてもへこたれず、補助なし自転車に乗るための練習に取り組んでいる話をよく聞きます。 この絵本に・・・

続きを読む

44  『 ピーターラビットのおはなし』

「ピーターラビット」と言えば、その可愛いうさぎのキャラクターを、いたるところで目にすることができます。そして、このお話は、作者のビアトリクス・ポター(1866~1943)が、自分が可愛がっていたウサギのピーターをモデルに・・・

続きを読む

42  『 おこりんぼママ 』

「きょう、ママが、ものすごくどなった。あんまりすごくどなるもんだから、ぼくは、バラバラになってとんでいちゃった」 そして、ぼくはバラバラになった、あたま・おなか・くちばし・おしりを探しに行くが、自分ではなかなか見つけるこ・・・

続きを読む

41  『 うさぎさんてつだってほしいの 』

今の若者は、こと恋愛に関しては自分の思いをストレートに表現しているように感じますが、少し年配の世代にとっては、何か用事をかこつけて会う機会を作ったりなど、自分の思いをそのまま伝えることはなかなか難しかったように思います。・・・

続きを読む

40  『 またもりへ 』

絵本に限らず、表紙をめくると、表紙と中身とを繋ぐ見返しという部分があります。絵本の場合、見返しは、ピーター・スピアーのように、一枚でも紙面を残したらもったいないといわんばかりに絵を描き込んでいくなど、本の内容や作家の個性・・・

続きを読む

37  『 ぐるんぱのようちえん 』

みなさんは、象というとどのようなイメージを持っていますか?大きい、力強い、優しいなど色々なイメージがあると思います。 主人公ぐるんぱは、ひとりぼっちで、よく涙を流していた象でした。そのぐるんぱが、自分に合う場所、仕事を見・・・

続きを読む

35  『 ロバのシルベスターとまほうのこいし 』

私の幼稚園では、家庭で使わなくなった食器などを貰って、ままごとや砂場の道具として使っています。ある日、4歳の女の子がままごとをしている時に、道具の中に醤油さしのビンをみつけ、そっと蓋を開けて匂いを嗅いでいるのを見たことが・・・

続きを読む

33  『 かんがえる カエルくん 』

この絵本の主人公カエルくんは、生活の中での様々な物事に対して疑問を感じ、一生懸命考える事が好きなカエルくんです。他の絵本のように、一つのお話で成り立っているのではなく、カエルくんとねずみくんの掛け合いにより内容が構成され・・・

続きを読む

32  『 3びきのぶたたち 』

この絵本は、有名な『三びきのこぶた』のお話でも、単なるパロディーでもありません。この絵本は、『三びきのこぶた』に登場するこぶた達を主人公に、謎に満ちた絵本の世界を描いているのです。  絵本の世界というものがあることは、そ・・・

続きを読む

31  『 ねずみとくじら 』

海に憧れるねずみが、自分の力で船をこしらえ航海に出かけます。最初は船酔いに悩まされますが、すぐに波になれていって元気が出てきます。夜、甲板に横たわって星を眺めながら、ちっぽけな自分の存在でも大宇宙の仲間のように感じます。・・・

続きを読む