絵本の散歩道一覧

『絵本の散歩道』では、担任の先生や園長先生たちが、お勧めする絵本を選び、園児に読み聞かせをした様子も交えながら絵本を紹介しています。
中には大人の皆さまに読んで頂きたい絵本もあります。
ほっと一息、ぜひ絵本選びの参考になさってください。
※絵本の散歩道一覧の各絵本詳細内容は見出しタイトルをクリックしてください。

291ドングリ・ドングラ

木々の葉が赤や黄、オレンジへと姿を変え始め、季節はすっかり秋ですね。幼稚園の子どもたちは、落ち葉やドングリをたくさん集め、箱に入れたり袋に入れたりと、大事に大事にしています。先日、クラスで公園に散歩に行ったとき、いつもは・・・

続きを読む

290ぐるぐるカレー

数年前から私の住んでいる家の近くに、やたらインド料理専門店という看板を掲げているお店がオープンしています。こんな近くに同じようなお店をオープンさせて共倒れにならないかと密かに心配している私です。そんな心配をよそに日曜祭日・・・

続きを読む

289パパとママのつかいかた

モーリス・センダックは、現代の最も有名な絵本作家の一人です。何をもって一番とするのかはわかりませんが、評論家によっては20世紀における最もすぐれた絵本作家であるという人もいるくらいです。そしておそらくその最大の根拠は、こ・・・

続きを読む

288 まねしんぼう

一人っこ、2人兄弟、3人兄弟、双子…色々なきょうだいがありますよね。この絵本を読んだとき、クラスにいる女の子とそのお兄ちゃんのことが思い浮かびました。 そのきょうだいの妹は年少組に4月から入園、お兄ちゃんは年長組に進級。・・・

続きを読む

287 かさもって おむかえ

モーリス・センダックは、現代の最も有名な絵本作家の一人です。何をもって一番とするのかはわかりませんが、評論家によっては20世紀における最もすぐれた絵本作家であるという人もいるくらいです。そしておそらくその最大の根拠は、こ・・・

続きを読む

286 なんのぎょうれつ?

幼稚園の年中組に通う孫との共通の話題は動物のこと。お互いに動物が大好きで一緒に動物園や水族館に出掛けたり、動物の絵本を見たり、一緒にいると話しは尽きません。 動物園へはよく足を運び、たくさん動物をみた後、ぬいぐるみを買っ・・・

続きを読む

285 ルッキオとフリフリ 大きなスイカ

猫のルッキオとフリフリ。二匹の夢は、大きなお屋敷に「就職」して、暖炉の前にベッドをもらい、銀のお皿で真っ赤なマグロのお刺身をいただくこと。ところが、二匹の生活はそんな夢とは程遠いものでした。綿のはみ出た汚いソファーで、食・・・

続きを読む

284 ふまんがあります

おとなは いろいろと ズルいと おもう。 ちゃんと もんくを いって、 ズルいのを やめてもらおう。 『りんごかもしれない』『りゆうがあります』でおなじみのヨシタケシンスケさんがおくる、親子で笑えるユーモアあふれる絵本で・・・

続きを読む

283 そらまめくんとめだかのこ

年少組の子どもたちは午前保育の日には必ずおやつをいただいて帰ります。 「今日はお菓子の日だね」「おやつは、なにかな?」と、とても楽しみにしています。 先日、旬のものを子どもたちが手伝いながら美味しく食べられるようにと、園・・・

続きを読む

282あなに

今回紹介する絵本の帯に、作者の『はせがわくんきらいや』と同じ1976年に出版された『あな』(谷川俊太郎 作・和田誠 画・福音館書店)へのオマージュでもある、と書かれてありました。 そこで、読み比べてみると、なるほど表紙な・・・

続きを読む