絵本の散歩道一覧

『絵本の散歩道』では、担任の先生や園長先生たちが、お勧めする絵本を選び、園児に読み聞かせをした様子も交えながら絵本を紹介しています。
中には大人の皆さまに読んで頂きたい絵本もあります。
ほっと一息、ぜひ絵本選びの参考になさってください。
※絵本の散歩道一覧の各絵本詳細内容は見出しタイトルをクリックしてください。

212『おべんとう』

我が園では月に1回手作りお弁当の日があります。子どもたちはその日を本当に楽しみにしていて、いつもより重いかばんを嬉しそうに背負ってにこにこ顔で登園してきます。 「ぼくのお弁当はからあげなんだ!」「デザートはいちごなの」と・・・

続きを読む

211『ママ、ママ、おなかがいたいよ』

今、復刻版がブームになっていますね。身近なところではカップヌードル、フライドタツタ、カルピス等々。こういった復刻版がブームなのには理由があるとか・・・それは購入する側に3つの感情があるからだそうです。 1つ目は過去に慣れ・・・

続きを読む

210『ジジは ぼうし なくした』

今回紹介する絵本は、フレーベル館から出版されたばかりのブルーノ・ムナ−リの1945シリーズの6冊目です。裏表紙を見ると、どうやら9冊のシリーズとなっているようですが、1945年にイタリアで出版されたムナ−リの10冊の絵本・・・

続きを読む

209『まどのそとのそのまたむこう』

5月8日、モ−リス・センダックが83歳で亡くなったとの記事を目にしました。この絵本委員会は今年で10年目を迎えますが、一番最初に取り上げた絵本は、センダックの『かいじゅうたちのいるところ』でした。一番目に何を選ぶかは本来・・・

続きを読む

208 『へんしんトンネル』

「へんしん」という題名を見て『なんだろう!?』と気になってしまうタイトル!! 絵本の始まりも「ふしぎなトンネルがありました。そのなも へんしんトンネル。 この トンネルを くぐると、 なぜか へんしんしちゃうんです。」と・・・

続きを読む

207 『わにわにのおふろ』

ちなみに今回紹介する絵本の主人公“わにわに”は最初の“わ”にアクセントが置かれています。犬や猫を“わんわん”とか“にゃあにゃあ”と呼ぶのと同じ感覚なんですね。 先日、日本に長く住んでいる外国人に、日本語の好きなところをイ・・・

続きを読む

206『ライオンのながいいちにち』

アフリカ・ケニアでサファリガイドの仕事をし、動物写真をホームページで紹介しているナチュラリストの方に子どもたち向けに話をしてもらったり、揃ってよこはま動物園ズーラシアや野毛山動物園に出かけて、間近に動物を見る機会がよくあ・・・

続きを読む

205 『月夜のみみずく』

日本野鳥の会は、野鳥保護など本来の活動の一環として「探鳥会」というものを行なっています。探鳥会は、会員以外にも開かれていて、地域や季節に応じ、さまざまな鳥(他の小動物などを含む場合もあります)が対象となっていますが、フク・・・

続きを読む

205  『ふとんやまトンネル』

ケンちゃんはね、布団に もぐるのが 大好きなんだ。 もぐって、もぐって、もぐって、ほうら トンネル ができた。 ふとんやまトンネル。……… つまんないなあ。ようし、反対にトンネル ほっちゃえ。 このような書き出しから始ま・・・

続きを読む

204  『ぼく、だんごむし』

幼稚園では朝の登園時に、子ども達からのお土産がたくさんあります。 お花を摘んだり・綺麗な落ち葉を拾って見せてくれたりと朝から賑やかです。だんごむしもその中のひとつ。「先生!!だんごむし見つけたよ!!」と逃げ出さないように・・・

続きを読む