No 269
絵本のタイトル まちには いろんな かおが いて
作者 佐々木マキ 文・写真
訳者
出版社 福音館書店

269 『まちには いろんな かおが いて』

何気なく街中を歩く。普段は気がつかなくても、よく見ると顔のように見えてくる。そういうことはありませんか?

私のいえのトイレの壁紙は、細かいお花の模様です。小さい頃にじっと見ていると、お花が口を大きくあけた不気味な顔に見えてきて、泣いたことをこの絵本を読んで思い出しました。今でもじっとみていると、こちらを睨んでいるように見えてきます。

この絵本を、年長・年中児に読みました。

年長児は、ひとつひとつの顔を見ては無言で頷く子どもが多く、すぐに共感してもらいました。年中時は、「え?どれが顔なの?」と大勢の読み聞かせではなかなか見えてこない様子でしたが、少人数でじっくり読んでいくと「先生!これ、顔にみえてきた!!」とキラキラした顔で伝えにきました。ちなみに私のおすすめ顔は、ゾウの顔とモアイ像の顔です♪

この絵本を読んだ後には、身近にあるものが顔に見えてくるかもしれません。それが、笑った顔に見えるのか、怒った顔に見えるのか。その時の心のゆとりで見え方が変わるのかもしれませんね。                       (藍)

« »