No 265
絵本のタイトル ねこのピート だいすきなしろいくつ
作者 エリック・リトウィン
ジェームス・ディーン
訳者 長谷川義史
出版社 文字画/ ひさかたチャイルド社

265 『ねこのピート だいすきなしろいくつ』

本屋さんの絵本コーナーに行くと「本書はアメリカで歌を歌いながら楽しめる絵本として人気を呼び、ニューヨークタイムズベストセラーリストで46週ランクインを記録しました!」と紹介されていたこの絵本が目に留まりました。本当にそんなに人気なのかなと気になりましたが、ねこが大嫌いな私は別の本を選んで帰りました。

次の日、年中組の先生が「今日この絵本を読みます」と見せてくれたのが『ねこのピート だいすきなしろいくつ』でした。私も一緒に絵本を見ることにしました。

青い体にお気に入りの新しいしろいくつを履いたねこのピート。出かけるのがたのしくてこんな歌を歌いだします。「しろいくつ かなり さいこう!」

読み始めたときは「えー白いくつなんてかわいくないよね」「ねこはくつはかないよね」なんて言っていた子どもたちですが、担任が歌いだすとあっという間に笑顔になり1回聞いただけなのに全員歌いだしました。

歩きはじめたねこのピートが登ったのは、いちごの山。もちろんお気に入りのしろいくつはまっかになってしまいます。ピートは泣いている?いいえ。こんな歌を歌い歩き始めます。

「あかいくつ かなり さいこう!」 そして子どもたちもさっきよりもノリノリで体を揺らし、手拍子しながら歌いだします。

さて、ピートのくつはどうなっていくのでしょう。

読み終わると「もう1回歌いたい」「もう1回読んで」と大盛況。保育室はまるでライブ会場のようでした。カラフルで元気がでる絵にノリのいい歌。「何があっても、歌を歌って前に進もう。そう、それが大事なのさ」というロックなハートのピート。 かなり最高! (優)

« »