平成30年度教員免許状更新講習一覧(詳細が決まり次第,随時更新いたします)

必修領域/選択必修領域

必修領域/選択必修領域
認定番号(必修) 平30-80011-101004号
認定番号(選択必修) 平30-80011-302178号
講習名 【必修】教育の最新事情  【選択必修】教育の最新事情
講習内容(必修) 幼稚園教育要領改訂も進められ、新たな保育のあり方が求められている。その背景には、子どもを取り巻く環境の変化があり、世界的な保育の質への関心の高まり、子どもを一人の人間として見るなどの子ども観などがある。その中で具体的には、子ども主体の遊びが学びであること、協同的な学びへの関心が大きくなっている。ここでは、そうしたこれからの幼稚園教諭に求められる現代的な課題について、具体的なワークを通して学んでいきたい。(必修:28日)
講習内容(選択必修) 幼稚園・認定こども園などを巡る近年の課題は大変大きくなるだけでなく社会的な注目を集めている。そのような中で、保護者からの要望の高さや子どもに対応する難しさなどが保育現場では課題とされている。また、園の安全に対する管理が必要なのは当然であり、その中で具体的な保護者対応や園としての発信の課題がある。本講座では上記の課題解決に向けて必要な園としてのあり方、更に保育者の意識の方向性などについて具体的に検討したい。(選択必修:27日)
講 師

27日 玉川大学教育学部乳幼児発達学科教授 若月 芳浩先生
28日 玉川大学教育学部乳幼児発達学科教授 大豆生田 啓友先生
関東学院大学教育学部こども発達学科准教授 三谷 大紀先生

時間数 12時間  12,000円
開催地 神奈川県横浜市(かながわようちえん会館会議室)
日 時 平成30年8月27日(月)9:30~17:00(評価試験・休憩含む)
平成30年8月28日(火)9:30~17:00(評価試験・休憩含む)

※必ず両日を受講 
受講定員  100名
 

選択領域

選択領域 
認定番号 平30-80011-508508号
講習名 【選択】保育の実践力を高める
講習内容 近年、質の高い保育が求められています。次期幼稚園教育要領も、主体的学びや対話的学び、深い学びに基づいた保育実践を謳っています。そこで、「子どもの今ここ」「さながらの生活」を大事にした質の高い保育実践とはいかなるものか、また、子どもの自己肯定感を高める保育記録とはどのようなものかを最新の研究をもとに考えていきます。
講師  鎌倉女子大学短期大学部教授 佐藤 康富先生
時間数及び受講料 6時間  6,000円
開催地 神奈川県横浜市(かながわようちえん会館会議室)
日 時 平成30年8月1日(水)10:00~13:00(休憩を含む)
平成30年8月2日(木)10:00~13:00(評価試験・休憩を含む)

※必ず両日を受講    
受講定員 100名
選択領域 
認定番号 平30-80011-508509号
講習名 【選択】保育現場での質を高める
講習内容 一人ひとりの子どもの主体的な育ちと学びを支えていくための保育実践の基盤となる「子ども理解」と、その理解に基づいた「援助」を幅広く探究していく幼稚園教諭としての専門性について学び、理解を深めることを目的とします。具体的事例やビデオ・カンファレンスを通して、自らの子どもを捉えるまなざしや保育の枠組みを問い直すと同時に、保育の質を向上していくために必要とされる保育者の資質や、それを支える同僚や保護者との関係構造についても探っていきます。
担当講師 田園調布学園大学こども未来学部こども未来学科教授 
髙嶋 景子先生
時間数及び受講料 6時間  6,000円
開催地 神奈川県横浜市(かながわようちえん会館会議室)
日 時
平成30年8月9日(木)9:30~17:00(評価試験・休憩含む)
受講定員 100名
選択領域 
認定番号 平30-80011-508510号
講習名 【選択】幼稚園教育内容を深める
講習内容 本講習においては幼児の発達を踏まえ、一人一人の子どもに対する適切な援助について探っていきます。子どもの主体性を大切にしながら私たちにどのような援助ができるのか、また自園においてよりよい実践をするうえで必要なことは何かということについても考えていきます。
担当講師 日本女子体育大学幼児発達学専攻准教授
桐川 敦子先生
時間数及び受講料 6時間  6,000円
開催地 神奈川県横浜市(かながわようちえん会館会議室)
日 時 平成30年8月20日(月)9:30~17:00(評価試験・休憩含む)
受講定員 100名
選択領域 
認定番号 平30-80011-508511号
講習名 【選択】保育現場での質を高める
講習内容 本講習は、障害のある子どもや気になる子どものいる保育のあり方を考えます。対象児の理解を深め、多面的多角的視点から多様化する保育のあり方を考えます。日々の保育を振り返りながら幼児理解を起点に保育の質を高めていく保育実践は、幼稚園における特別支援教育を具体化する鍵になります。そこで、この講習では、保育事例を検討しながら子どもへの援助やクラス経営の進め方、保護者との対応や保護者との連携協働のあり方などについて理解を深め学ぶことを目的とします。
担当講師 國學院大學人間開発学部子ども支援学科教授 
野本 茂夫先生
時間数及び受講料 6時間  6,000円
開催地 神奈川県横浜市(かながわようちえん会館会議室)
日 時 平成30年10月27日(土)9:30~17:00(評価試験・休憩含む)
受講定員 100名

※募集期間等については、文部科学省のホームページをご覧ください
※加盟園にお勤めの方は優先受付期間あり。詳細は資料をお送りいたします。