280-2こよみともだち

koyomitomodati-1

この絵本を読もうとしたときに、子どもたちから「こよみってなあに?」と言われました。「カレンダーのことだよ」と伝えると、「カレンダーの絵本はおもしろいのかな?」と・・・

続きを読む

278  『さよなら またね』

sayonaramatane[1]

さよならって いっても、また あえた。 いつも いつも、また あえた。 でも、こんどの さよならは・・・。   歳を重ねるごとに涙もろさが増している私・・・

続きを読む

277 『天使がいっぱい』

tennsigaippai[1]

今回紹介する絵本の見返しには『Angels watching over me』という歌の歌詞が書かれています。アメリカの有名な子どものための伝承歌とのことですが・・・

続きを読む

272 『プレゼントはなあに?』

purezenntohanaani[1]

20数年前に父がなくなった時、荷物を整理していたら緑色の小さな箱が出てきました。開けてみると、クリスマスツリーを背景にして、7人の天使が並んだ小さなおもちゃが入・・・

続きを読む

259『雪の写真家 ベントレー』

yukinosyasinnkabenntore-[1]

 2014年は首都圏でも雪が多くふりました。2月初頭、2週続けて結構な積雪があった時には、雪国の人の苦労はこんなもんじゃないと自らに言い聞かせながら、一日中雪か・・・

続きを読む

222  『おにはそと』

onihasoto[1]

2月3日は節分。みなさんは毎年どの様に過ごしていますか? 鬼が来たり、年の数だけ豆を食べたり、恵方巻きを食べたり(今年の恵方は南南東です)と、各家庭、地域によっ・・・

続きを読む

221 『 急行「北極号」』

kyuukouhokkyokugou[1]

子どもは一体何歳くらいまでサンタクロースを信じているのでしょうか。私の園のクリスマス会にもサンタが登場するのですが、年長児の中には、「だって、お兄ちゃんがサンタ・・・

続きを読む

202 『クリスマスのふしぎなはこ』

kurisumasunohusiginahako[1]

“ふしぎ“と聞いて、私がすぐに思い浮かべるのは“世界7不思議“。古代ギリシャ時代に選ばれた景観の秀でた7つの建造・・・

続きを読む

201  『 クリスマスのおきゃくさま 』

kurisumasunookyakusama[1]

今年もいよいよクリスマスが近づいてきました。となると当然、今回紹介する絵本も、クリスマスにちなんだお話です。 クリスマスまであと2日、エクセター通りにあるベンと・・・

続きを読む

184  『 しんせつなともだち 』

sinnsetunatomodati[1]

ある雪の降る日、こうさぎは食べるものがなくなり探しに出かけました。そこでかぶを二つ見つけ、一つは食べてもう一つは残しておきました。「ゆきがこんなにふって、とても・・・

続きを読む

1 / 3123