自然

93  『 かさ 』

みっちゃんは今日がお誕生日、お母さんはごちそうの準備に大忙しです。そこに突然の雨、天気予報では何にも言っていなかったのに。お母さんが困っていると、みっちゃんは、「わたし、お迎えにいってあげる」と言うと、買ってもらったばか・・・

続きを読む

90  『 ここにいたい! あっちへいきたい! 』 -にひきののみのはなし-

この本の表紙を見ると大きな犬が一匹という絵なので、最初は犬が主人公なのかな?と思う人もいると思います。しかし、実は副題に、二匹ののみのはなしと書いてあるように主人公は“のみ”なのです。 レオ=レオニの絵本は副題がついてい・・・

続きを読む

77  『 もりのこびとたち 』

ベスコフの描く絵本は、決して裕福な暮らしではありません。でも、いつも本来の意味での豊かさを伝えてくれる気がします。登場人物を通して、自然の美しさも教えてくれます。また、人々が丁寧に生活している様子が読む人の心を満たしてく・・・

続きを読む

67  『 そらまめくんのベッド 』

「そらまめくんのベッドでねてみたい。」と、えだまめくん、グリンピースの兄弟、さやえんどうさん、そしてピーナッツくんが口をそろえたように言うには訳があります。みなさん、その訳ご存知でしたか?絵本の冒頭に「くものようにふわふ・・・

続きを読む

60  『 おたまじゃくしの101ちゃん 』

私の勤める幼稚園では、4月の新学期が始まるとすぐに、子どもも保育者もわくわくする体験があります。それは、近所に住んでいる方のご厚意で、ご自宅の池からおたまじゃくしをたくさんいただけるからです。天然の湧き水からできている池・・・

続きを読む

58  『 ぼくそらをさわってみたいんだ 』

一体どこからが空になるのでしょうか?このお話では空を触ってみたいと思っている猫が、きつねの背中に乗り、そのきつねがぶたの背中に乗り・・・・と次々に仲間を呼んで背中に乗せてもらいます。そして、ぞうが来たところでやっと空に手・・・

続きを読む

55  『 おおきいツリー ちいさいツリー 』

クリスマスが近づいてきましたね。いつのまにか、街中のディスプレイがクリスマスのものとなり、なんとなくわくわくそわそわする季節になってきました。本屋さんも例にもれず、この時期には、クリスマスの絵本がたくさんおいてあります。・・・

続きを読む

45  『 いたずらかまきりキリリ 』

5月上旬のことでした、朝、保育室の窓を開けようとすると、カーテンに生まれたばかりの赤ちゃんカマキリがたくさんぶら下がっていました。部屋に置いてあった卵から、いつのまにか孵っていたのです。この時は孵化の瞬間を見ることはでき・・・

続きを読む

44  『 ピーターラビットのおはなし』

「ピーターラビット」と言えば、その可愛いうさぎのキャラクターを、いたるところで目にすることができます。そして、このお話は、作者のビアトリクス・ポター(1866~1943)が、自分が可愛がっていたウサギのピーターをモデルに・・・

続きを読む

23あめのひ

作者のユリー・シュルヴィッツに関してましては、今月のもう一冊の絵本『よあけ』の中で紹介していますので、ここでは、この本を訳されている矢川澄子さんについて少し紹介したいと思います。矢川さんは、ルイス・キャロルの作品や『マザ・・・

続きを読む