No 293
絵本のタイトル ちくわのわーさん
作者 岡田よしたか
訳者
出版社 ブロンズ新社

293 ちくわのわーさん

ちくわのわーさん
どこかへ急いでいるちくわのわーさん。

けれどあちらこちらへ寄り道ばかり。おひるねしたり、踊ってみたり、まきずしさんの服をきてみたり。次々に出てくる個性あるキャラクターたちと楽しく遊ぶわーさん。無事に目的地へたどり着けるのでしょうか。

この絵を読んだところ、子どもたちは一瞬でわーさんの世界観に引き込まれ、「もう一回読んで!」と何度もアンコールがきました。わーさんがくしゃみをするところや、最後の「はいおでんー。」のところは子どもたちも保育者と一緒になって声を出して大はしゃぎ!ちくわのわーさんを読んでから、「昨日わーさん食べたよ!」「今日のお弁当にわーさん入ってるよ!」と子どもたちが報告してくれるようになりました。

主人公は関西弁でしゃべるちくわ!
そんなユーモアたっぷりの絵本は子どもにはもちろん、大人にとっても楽しめる作品になっていると思います。読めば読むほどクセになるちくわのわーさん。是非、手に取ってみて下さい。

(CA)

« »