No 273
絵本のタイトル からだが かゆい
作者 岩合日出子
岩合光昭 写真 
訳者
出版社 福音館書店

273 『からだが かゆい』

karadagakayui[1]年少児クラスで子どもたちが輪になって「かゆい かゆい おもしろい」とからだをかきながら楽しそうに読んでいたのが今回ご紹介する『からだが かゆい』です。

ペンギン、アシカ、ライオンなど11種類の野生動物がゆかいな格好で、ときには岩や木を使ってからだをかいている姿で登場します。

アフリカの広大なサバンナ。雨に濡れ、鬣(たてがみ)がぺったり、なんだか迫力も半減の百獣の王があっかんべーをしながら後ろ足でからだをかいている姿に子どもたちは大笑い。

背表紙までたっぷりとゆかいなポーズの動物たちがでてきて最後まで楽しめます。

危険ととなり合せの大自然の中でこんなにリラックスした動物たちの姿を間近で写真におさめるまでにどれだけの時間と努力があったのだろうと思わず考えてしまいました。

『世界ネコ歩き』でおなじみの動物写真家 岩合光昭さんの写真絵本シリーズの1冊です。

他に『10ぱんだ』『いる いる だあれ』などがあります。動物好きな大人の方には『地球動物記』もおすすめです。 (優)

« »