No 124
絵本のタイトル ウシバス
作者 スズキコージ 
訳者
出版社 福音館書店

124  『 ウシバス 』

usibasu[1]私の勤務する幼稚園で、絵本パフォーマーの岸田典大さんに紹介していただいた絵本です

絵本パフォーマンスとは、市販の絵本にオリジナルの音楽をつけてステージパフォーマンスとして行っているものです。曲はポップス系、ジャズっぽいもの、イージーリスリング風など作品ごとに変わり、普段の読み聞かせでは決して味わえない経験に子どもたちは、どんどんと引きずり込まれていきました。

この絵本は、ウシバスが停留所で6人のお客さんを背中に乗せて、次の停留所まで走っていくというただそれだけの話なのですが、疾走していく迫力のある絵と「ウバシス」「シスバウ」などという意味をなさない言葉の連続が、なぜか不思議なリズムを生み出し、子ども達には大受けでした。

子ども達は、ときにはエネルギッシュに気持ちを開放させるような絵本を求めているのかなぁと感じることがありますが、それは、大人も同じことかもしれません。

頭を柔軟にして、子ども達と一緒に絵を見て笑ったり、「うし ばーす!」などと叫びながら、楽しい時間を過ごすことができたらとても幸せなことだと思います。(k.s)

« »